SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

YVR 島から見たり聴いたり

トロント生活40余年の後に西海岸
ブリティッシュ・コロンビア州の州都
ビクトリア市に国内移住。
新たな街からの生のニュースを
バンクーバー発行の日本語誌
「バンクーバー新報」に2017年より新連載。
<< 古くて新しい日本の英語教育事情 | main | ビクトリア日系文化協会Victoria Nikkei Cultural Society(VNCS)創立25周年祝賀会 >>
アジア映画祭「Double Happiness」〜中国系カナダ人家族を描いた作品

文化果つる町(?)

ビクトリアはBC州の州都ではあるものの、例えばトロントやバンクーバー等と比較すると、まさに「文化果つる町」である。

 

音楽、絵画、映画、演劇など等、どれを取っても心が揺さぶられ、目を見張るような一流のアーティストや作品が来ることはまれである。特に日本関係の催し物などは寂しいもので、日本からの著名人もバンクーバー迄は来るものの、海峡を渡ることは皆無と言える。

 

では何が当地の「文化(culture)」か、と言えば「自然(nature)」で、ゴルフ、テニス、フィッシングと言ったアオウトドアが好きな人にはこの上ない天国である。

 

 

そんな中、時にビクトリア大学が開催する「**フェスティバル」「**コンフェレンス」と言った催し物は、当地に住むことで鈍った私の感性をわずかではあるが刺激してくれる。だが折角の上映会や集会も、関係者以外で足を運ぶ人はごく限られており、入場を断られる事はまずない。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/University_of_Victoria

 

 

先日その一つであるアジア映画祭が同大学において3夜連続で開催された。インド、タイ、中国の映画が上映されたのだが、タイの作品『A gift』以外はどれも20年以上も前のもので「これトロントで観たわ」と思わず笑ってしまった。

 

韓国系カナダ女優 Sandra Oh

でもお陰さまで、カナダで生活する中国人の家族を描いた『Double Happiness』は、内容も殆ど忘れかけていたし、今や大変な売れっ子になったSandra Ohの若い時を再見することが出来て懐かしかった。

 

 

 

彼女自身は韓国系カナダ人だが、この作品では中国系カナダ人家族の22歳の長女役を演じている。一家はカナダに暮らしてはいても、家の中は100%中国式の生活。全面的に実権を握っているのは当然ながら父親で、全ては彼を中心に廻っている。

 

夫婦の差し当たっての関心事は長女の結婚である。二人は娘婿になる人は中国人を望んでいるため、ツテを頼ってはあの手この手で中国人男性(時にはゲイの男性も)を紹介してもらい娘をデイトに駆り立てる。

 

しかし当の本人はと言えば、女優になるのが夢でオーディションを繰り返すが思うように道は開けない。その内に親の意向とは裏腹に、白人のボーイフレンドが出来て両親の思いとの板挟みになる。しかしいつまでもそれを秘密には出来ず、すったもんだの末ある日すべてが明るみに出てしまう。

 

エンディングは親元を離れて彼女は独り立ちするのだが、狭い料簡を持つ厄介な両親ではあるものの、ぬくぬくとした家庭から離れる孤独は如何ばかりか・・・と観客にある種の寂しさと同情を抱かせる。

 

食習慣

さて上映後のディスカッションは、「親の気持ちは分かるがやはり子供の意思を尊重すべきだ」と言うのが大方の意見だった。

 

私もその考えに同調したが、更に深く感じたのは同国人以外との国際結婚で一番の軸となるのは「食」ということを改めて思ったのだ。

 

特に中国人の場合、折に触れては家族や友人たちとテーブルを囲み、マナー云々よりは、丁々発止と談笑しながら食事を楽しむ。この雰囲気に同国人でない相手が違和感なく溶け込めるかどうかが、大きな分かれ目になると思うのだ。

 

 

何処の国でも特有の食習慣と言うものがある。

 

特に台所で実権を握る人の国の料理を、もう一方が満足出来れば、国際結婚の第一の難関は突破したも同然と言えるのではないだろうか。

 

ある国際結婚をした日本女性で、日本食をそれ程好まない夫を持つ人がいる。元々料理が不得意な彼女は、家庭で日本食を作ることや食べる事を全面的に放棄した。

 

とは言え外で日本食を食べる機会があると、彼女は息もかない勢いでそれはそれはエンジョイするのであるが、夫が作る何でもかんでもオーブンで調理する料理に決して文句は言わない。

 

その中で育った息子の一番の好物は、‟あの”マカロニチーズ! となると二人いる孫も日本人の祖母が海苔巻きを作ってくれた等と言う経験はないため、初めて黒い海苔を見た時は「What’s that?」と叫んだと言う。この二人、すこぶる睦まじく暮らしている。

 

「アメリカの母の味」などと言われているが、知る人ぞ知るカナダが発祥の地である「マカロニチーズ」

 

又あるカナダ人の夫は、日本人妻がズルズルとお茶漬けを食べる音が身の毛がよだつ程嫌いだったとか。この二人、離婚という結末を迎えてしまった。

 

夫婦間の感情には簡単には言い切れない、又は割り切れないそれぞれの事情があるとは言え、「食」は国際結婚を維持するのに極めて大きな要素を持つことをしみじみと感じる。

 

 

 

 

 

| - | 06:05 | - | - | - | - |