SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

YVR 島から見たり聴いたり

トロント生活40余年の後に西海岸
ブリティッシュ・コロンビア州の州都
ビクトリア市に国内移住。
新たな街からの生のニュースを
バンクーバー発行の日本語誌
「バンクーバー新報」に2017年より新連載。
<< 権利侵害の全景「Landscape of Injustice 」‐その  NHKニュースで放映 | main | エポックメーキングの年 >>
ノーベル平和賞受賞に寄せて

 

2015年ビクトリアで開催された全カナダ日系人協会

National Association of Japanese Candaians-NAJC)にて

 

 

                                                                                                                                     2018年一月某日

サーロー節子様 

 

お久し振りです!

 

まずは昨年暮れの国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(I Can)のノーベル平和賞の受賞を心からお喜び申し上げます。

 

メディアを通してお姿を拝見する限りでは、お元気なご様子で何よりです。しかし、受賞以来どれ程ご多忙な日々をお送りに

なっていらっしゃるかを想像するにつけ、どうぞお体を十分においとい頂きたいと心より願っております。

 

思い起こすと、2015年度全カナダ日系人協会(National Association of Japanese Candaians-NAJC)のコンフェレンスが

行われたビクトリアのホテルロビーで、バッタリお目に掛かたのがすでに2年半以上も前のことになります。その時はお体の

不調を多少嘆きながらも、杖を片手に変わらずに精力的に活動しておられるのを目のあたりにして、とても感銘を受けたのを

覚えております。

 

私が問わず語りに一年程前(当時)にトロントから西海岸に夫と共に国内移住し、ビクトリアに居を構えたことをお伝えしま

した。それに対し「ここの生活は如何ですか」とお聞き下さり、私は「トロントに比べ冬がとても暖かいのは嬉しいです」と

日常生活を語った後に、「でも物書きとして、ここならではの何かを発見したいと思っている最中です」と申し上げました。

 

そして「トロントに比べての一番の違いは、当地に残る日系カナダ人の歴史の深さです。地理的に見て日本からの移民たちが

まずここに一歩を印したのは分かるのですが、その史跡が140年も経た今もそこここに残っているのにとても驚いています」

ともお伝えしました。

 

加えて「ここにお住いのある白人の歴史家ご夫妻が書いた日系カナダ史『Gateway to Promise』の翻訳を考えているのです」

等と、まだ漠然とした夢でしかなかった夢を、ふと口に出してしまったことに自分でも驚きました。

 

その一歩を何処から始めるか、どうやって始めるか、まだアウトラインすら出来ていないのに軽率にも口にしてしまった自分

を反省しました。

 

でもそれが引き金になって、まずは資金の調達のために、会場でNAJC会長に「今こんな翻訳を考えているのですがグラントを

貰えないでしょうか」と相談を持ち掛けたのです。

 

そうなんです、全てはそこから始まりました。

 

有難いことにその約半年後にはNAJCからグラントを頂き、またその他多くの公共機関や友人知人たちからの甚大なるご協力

の元に、二年後の昨夏20178月に440頁の日系カナダ史の訳本『希望の国カナダ・・・、夢に懸け、海を渡った移民たち』

を上梓しました。

 

ここにご送付した一冊をご覧頂ければお分かりのように、この分厚い翻訳本はまるで西海岸を中心とした日系カナダ人史の

百科事典のようです。くれぐれも440 頁もの本を一気にお読みになるなどのご無理はなさらないで下さいませ。

 

まずは目次だけをじっくりとご覧頂き、将来関連の事柄で詳細を知りになりたいことが起こった時に、何度も紐解いて頂け

ればと思います。

 

しかしその時に16人の翻訳者と、その他諸々の協力を申し出て下さった方々のチームワークによって成し遂げられた一冊で

あることを思い出して頂ければ、これに勝る喜びはありません。

私の方のことばかり書いてしまったことお許しください。ただあの時の節子さんとの会話が、私の背中を押して下さったこと

をお伝えしたかったのです。

 

そしてもう一つ、ビクトリアでお目に掛かった時の心に残る思い出があります。それはコンフェレンス後の会食で、世界平和

を願うご自分の活動に触れて力強いスピーチをなさった後、満場の拍手と共に贈られたファーストネーションの置物を手にな

さいました。

 

 

カナダに住む日系人として私たちがどれ程誇りに思っているかを感じて頂いた瞬間だったと思います。

 

「I Can」のベアトリクス・フィン事務総長と

 

その時の私はまだ詳細は知らなかったのですが、すでにノーベル平和賞云々が話題に上っていたのをふと思い出し、急遽MC

にその旨を伝えました。ざわざわした会場ではありましたが、彼女が一言言及してくれたことが二年後に現実のものとなった

のですね。

 


事務総長と活動家たち

 

「核兵器は絶対悪」ではあっても裏に多くの思惑が絡む核廃絶問題は、一朝一夕に片づけられません。まだこれからも長い

道のりを歩かなければならないことと思いますが、どうぞお体をご留意なさり末永くご活躍下さるよう心よりお祈り申し上

げております。

 

                                                      

 

    サンダース宮松敬子

   BC州 ビクトリア市にて 

                                   

 

 

その後:

 

三月に入って間もなく、サーロー節子さんから拙著をお送りしたことに対して感謝のお電話を頂いた。

ノーベル平和賞のイベント以来、公私に渡り超多忙な毎日とのこと。想像に余りあるものの、何よりもお体をご自愛頂く

よう切に願っている。

 

| - | 09:06 | - | - | - | - |